• ホーム
  • 自分が梅毒かを確かめるための検査方法

自分が梅毒かを確かめるための検査方法

自分自身で梅毒かどうかを判断することは、かなり難しいといえます。
これは、梅毒に似ている自覚症状が他にも存在するからに他なりません。
他の性病はもちろんですが、皮膚疾患などにもこれと似た例が存在しますので、少なくとも症状が進行してからはいつから梅毒になっているかを判断することは自力では簡単な事ではありません。

こういった自力での判断を行うときには、自分で皮膚の状況などを確認するのではなく検査キットを利用する検査方法が一番です。
特に、梅毒を検査するときには血液を郵送することで検査する方法が最も確実です。
血液中に存在しているウイルスやその数値を確認することによって、比較的簡単に現状を把握できます。
何らかの事故で再検査の必要が生じたときには無料で対応してくれるところも存在しますので、安心して任せることが可能です。

一般的に、梅毒は症状がいくつかの段階に分かれていますので初期段階で検査を行ってもらうことは難しいです。
そのため、いつから検査を行うのかに関しては自覚症状が出てからの自己判断になります。
具体的には、皮膚疾患を確認できた段階で早期に検査してもらうのが好ましいです。
梅毒の治療は遅くなってしまう可能性がありますので、再検査に時間がかかってしまうと取り返しのつかない事態になりかねません。
この点、再検査をしたとしても短い時間で済ませることができますのでその点も問題ありません。

検査キットの魅力は、わざわざ病院に行かなくても良い点にあります。
市販で提供されている検査キットには、元になっているウイルスを見つけることができる検査方法が複数用意されていて、段階を踏んでいくつもの過程を経てようやく梅毒の陽性を判定します。
つまり、病院で行われるような非常に信用性の高い検査結果を期待できます。
また、時間の都合を問わずに開始することができるメリットもあります。
特に、社会人の人は日ごろは社会生活を送っているため梅毒の検査のために病院に行くことはできません。
検査キットでは、週末だけではなく日曜日や祝日であっても検査することが可能です。
検査結果には、単純な梅毒の症状だけではなく抗体に関する検査結果など様々な項目を確認できます。

何よりも、検査結果の報告が非常に速いというメリットが存在します。
検査キットを取り扱っているところでは、血液情報を送ってから翌日にその報告を行ってくれるところもあります。
明確なデータ化や数値化を行って、現状を教えてくれます。